二世帯住宅とは!ポイントを知って家族仲良く暮らそう

そもそも二世帯住宅とは?

結婚を機に新しい家庭を築く人がでてきます。一方、タイミングをみて親世代との同居を考える人もでてくるでしょう。いわゆる「二世帯住宅」での暮らしは、いまに始まったことではありません。ただし、昔ながらの「大家族」とは少し事情が異なります。二世帯住宅の大きな特徴は、それぞれの世帯が独立した空間を持つ点にあるからです。また、物理的に空間分けすることで、ほどよい距離を保てるメリットがでてくるのです。

どちらの親と暮らすのかで変わってくる

二世帯住宅を建てるときは、どちらの家族といっしょに暮らすのかが大事なポイントです。その点について、子世代(子世帯)からの視点で考えてみましょう。自分の親と暮らす場合と配偶者の親と暮らす場合の二通りになりますが、いずれにしても相手の親への気遣いは避けられないですよね。そのため、水回りを共有する、水回りも含めてすべて別々にするなど、入念な設計が不可欠になってきます。ちなみに、二世帯住宅の間取りには「完全同居型」「部分共用型」「完全分離型」が存在します。

家族の形に答えがないことを知っておこう

同居を機に住宅を新築することや、改修工事をすることもでてきます。もし、同居生活がうまくいかなかった場合、再び別居という方法も避けられません。その結果、住宅そのものや建築に掛かった資金を台無しにしてしまいます。そうならないためには、事前にきちんと話し合う必要があります。身近な人にアドバイスを求めるのもよいでしょう。もちろん、家族の形には明確な答えがありません。一つ屋根の下で一緒に生活するためには、お互いが思いやりの気持ちを持つことが大事なポイントです。

二世帯住宅は2つの世帯が一つの建物に住むので、建築費が安くなります。光熱費もまとめることが出来るので節約できます。上手に調整すると入浴や炊飯など一度に済むので省エネにもなります。