中古別荘をリノベーションするメリットと予算について解説

中古別荘を購入するメリット

中古別荘の魅力は、新築の別荘を建てるよりも安い価格で購入できることです。特に別荘地として人気のある地域では予算に合った新築物件を見つけるのは難しいですが、中古別荘ならば手に届きやすい価格で物件を探すことができるでしょう。既存の建物を活かしてリノベーションすることで、自分の好みにアレンジしながら新築別荘よりも安く手に入れることが可能です。

リノベーションに必要な予算

状態の良い別荘であれば、予算が100万円でも設備の点検や補修といった簡単なリノベーションは可能です。しかし、トイレやキッチンなど水回り機器の交換は限られます。すべて交換したいのなら300万円前後の予算が必要になるでしょう。年に数回利用する程度であれば安めの機器でも十分ですが、グレードの高い機器に変更する場合ではさらなる予算が必要になります。500万円の予算ともなれば、水回り機器の交換に加えて部分的な間取りの変更や薪ストーブの追加など、自分好みのアレンジが可能です。

築年数が古い別荘を購入する場合

築年数が60年を超えるような古い別荘の場合、設備の老朽化により思うようにリノベーションできない可能性があります。また、シロアリ被害や雨漏りといったトラブルにも注意が必要です。このような場合では一部分のリフォームではなく建て替えが有効になります。立地が優れているなどの魅力的な要素があれば、建て替えるもの良いかもしれません。しかし、建て替えを行うと新築物件に並ぶ高額な費用が発生してしまいます。予算を抑えたいのなら、ある程度保守・点検が行き届いている物件を選ぶ方がと良いでしょう。

八ヶ岳や南アルプスを望み、のびやかな自然に囲まれた山梨県北杜市は子育て環境抜群。定住を支援するサービスも充実しています。北杜市の不動産を探すなら、「空き家バンク」を利用することもできます。