マンション購入にはコツがある!?これを覚えておけば安心

資金計画はしっかりしておこう

マンション購入をするときには多額の資金が必要です。今現在どれくらいの資金を持っているのか把握しておきましょう。住宅ローンを組むときなどには初期費用がかかります。手持ちの金額をすべて支払ってしまうと後々痛い目にあいます。例えば子供の進学などに費用が必要です。お金がない状態だと生活も出来なくなるので注意が必要です。自分で資金計画を立てる事ができないのならライフプランナーに相談をするのもおすすめです。実際にどれくらいの初期費用がかかるのかというと、申込証拠金として最大10万円で、手付金として売値第きの1割程度を用意します。他にも仲介手数料や都市計画税・固定資産税も必要です。修繕積立金は最大40万円かかる場合があります。

中古マンション購入時のポイントを知る

ペットを飼いたい人はペットが住居可能なマンションを選定しましょう。ほとんどのマンションではペット不可です。ペットを飼育できる場所は限定されているので、物件紹介サイトを利用して調べるのが基本です。また中古マンションを買うときには耐震問題に気をつけないといけません。1981年の6月は建築基準法改正のポイントになるときです。これ以降に建築された物件は耐震性能が高く安定した品質を保っています。1981年6月以前の物件は旧耐震基準と呼ばれる耐震性能はかなり劣っているのが特徴です。ただし旧耐震基準の物件であっても補強を行っているのなら問題なく利用できます。新耐震基準の物件は震度6や7の地震でも倒壊しない可能性が高いです。

宇都宮のマンションは駅前エリアだけでなく、清原エリアに向かう大通り沿いやインターパーク付近など様々なエリアに点在しています。ショッピングの利便性や周辺環境の良さなどそれぞれに魅力があります。