家族構成と間取りは密接な関係にあります!

将来を見据えた間取りにする

夢のマイホームを建てるとき、今現在の家族構成で間取りを検討するのではなく、将来のことを見据えた形でマイホームの間取りを検討しましょう。理想的な間取りは家族一人に対して一つの部屋があることです。夫婦の場合は二人で一つの部屋でも良いかもしれませんが、書斎を欲しがる方もいますので、ゆとりがある場合には夫婦でも一人一つの部屋があると便利です。子供が現在いない場合は将来子供を産む予定であれば、必ず子供部屋は用意しておきます。子供二人を予定するならば子供部屋は二つ用意しておきたいです。

ただ、将来のことなので子供の人数まではわからないという家庭はあります。そんな時はとりあえず大きめの部屋を一つ用意しておきます。その時に、将来その部屋を分割できるような設計にしておけば、将来的にも臨機応変に利用できるでしょう。ここまで将来のことを考えて家造りをしておけば問題ないです。また、ここまでこだわったマイホームを手にいれるなら、建売一戸建てでは難しいため、注文住宅が良いでしょう。

設計図を作成するところから相談できる

注文住宅の魅力は建築士とともに家を組み立てていけることです。自分の理想の間取りを建築士に伝えることで建築士は理想を現実にしてくれます。もちろん、建築士は専門家ですから、施主の提案でも設計的に難しいことが出てくればきちんと提案してくれて、住みやすい家を作ってくれます。夢のマイホームを建てるわけですから、できるだけこだわった家を完成させましょう。

名古屋の注文住宅なら、自分が建てたい地域で実績のある工務店に相談するのがよいです。地域密着の工務店はとても頼りになります。