何を重視する?賃貸住宅の選び方~北海道~

賃貸住宅の選び方の基本

あなたは賃貸住宅を選ぶ際に何を重視しますか?家賃、間取り、設備、利便性など色々と条件はあるけれど、全てが希望通りの物件に巡り合うのはなかなか難しいかもしれません。これだけは譲れないというポイントや、優先順位をつけて、納得のいく物件を探したいものですね。これまで北海道の3都市、6つの賃貸住宅に住んだことのある筆者が、北海道の賃貸住宅の選び方についてお伝えします。

北海道の賃貸住宅の特徴

北海道の賃貸住宅は、他の都府県に比べて家賃が安いと言われています。また、広い土地柄のため広い間取りも多く、安い家賃で広い物件に住むことも可能です。北海道に限らず言えることですが、賃貸住宅は駅に近いほど家賃が高く、駅から遠く利便性が悪いと家賃が安くなります。しかし、北海道では車移動をする人も多く、必ずしも駅に近い必要はありません。家賃や間取りに加えて、職場や学校までの距離、車の有無を踏まえて希望のエリアを決めると良いでしょう。

また、冬の寒さが厳しい北海道の賃貸住宅には、暖房器具が設置されていることがほとんどですが、どのような暖房器具かを確認しておく必要があります。賃貸住宅での暖房器具はガスか石油が一般的ですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。ガスは、点火が早くすぐに暖まりますが、ランニングコストが高くなる傾向があります。一方で石油は、立ち上がりに時間がかかりますが、暖かいと言われています。しかし、ランニングコストは石油の価格に左右され、石油の臭いが苦手だと言う人もいます。可能であれば、その物件の冬場の暖房費の相場を確認してみると良いでしょう。

札幌市内の中で賃貸料が高めなのは札幌中央区の賃貸住宅です。札幌市内中心部での生活がメインで車がなくてもいい人にはお勧めのエリアです。お金に余裕があって駐車場代が負担にならないなら住みやすいエリアです。