見落とし満載?賃貸を選ぶ前に知っておきたい2つのポイント

立地の良さだけに気を取られない

賃貸を選ぶ際、立地はまず考えておかなければならない重要なポイントです。ここを怠ると不便な生活を強いられますし、朝駅に少しでも早く辿り着いたり、ちょっとでも通勤時間を減らしたいのであれば最重要ポイントにもなります。しかし、立地だけにこだわって周辺環境を見落としていると、一気に住みづらい賃貸に早変わりする可能性もあります。例えば、近くに学生寮や交通量の多い道路がある場合、騒音によって毎日悩まされるかもしれません。こうした細かい部分は実際に住んでみないとわからないことも多いのですが、一度気になる賃貸の周辺を出歩くことでどんな環境なのかを確かめてみると良いでしょう。自分の目で見て確認しないとわからないことも多いのです。

一つの条件にこだわりすぎない

人によっては、賃貸に求める条件の中でも特にこだわりのある何かを持っている場合もあるでしょう。高層階でないとイヤ、オートロックは絶対に付けていてほしいなど、強いこだわりのある方は要注意です。そのこだわりに注目するあまり他の条件が目に入らなくなり、引越し後細かい部分が一気に気になる可能性があるためです。条件にそれぞれ優先順位を付けることは大切ですが、一つの条件に縛られすぎていては本末転倒です。今後もその部屋で長く住み続けることをイメージしながら、本当にこの環境で耐えられるのかを考えてみましょう。高層階でも毎日上り下りするのは面倒に感じるかもしれませんし、収納スペースが想像以上に小さかった、という可能性も十分に考えられるのです。

江別の賃貸マンションは、都内物件に比べるとかなり家賃が安いです。地元の不動産会社に相談して紹介してもらいましょう。