契約前に知っておこう!賃貸住宅選びで失敗しないためのポイントとは

集合住宅と戸建住宅ではどちらがよい?

賃貸住宅といえばアパートやマンションなどの集合住宅とのイメージが強いですよね。実際、不動産投資などで集合住宅を所有するオーナーも少なくないからです。集合住宅では隣室や上下階の住民との距離が近いため、物音やニオイなどで息苦しい思いをする可能性がでてきます。一方、戸建住宅を選ぶことで、近隣との適度な距離感を保つことが可能になります。もちろん、交通の利便性や商業施設の有無など、物件探しの条件は一つではありません。地域行事への参加などについても確認しておきましょう。

契約に不動産会社を仲介するときは?

賃貸住宅を探す方法として、不動産会社サイトを利用する方法が挙げられます。また、賃貸住宅契約を不動産会社が仲介するケースが増えてきました。ただし、不動産会社を通じて契約する場合、仲介手数料の支払いにより初期費用が高くなります。仲介手数料は家賃1カ月分プラス消費税が上限(借主・貸主の合計額)ですが、借主が全額負担することも少なくないからです。しかし、値引き可能なケースもあるため、諦めずに聞いてみましょう。

住宅のオーナーがどのような人かも確認しておこう

不動産会社を介して賃貸契約する大きなメリットは、入居後のトラブル時に相談できることです。ただし、管理会社が別に存在する場合もあるため連絡先の確認が必要です。仲介者がいると、設備面で不具合が生じたときや、近隣の騒音で悩んだときなどに安心できます。このような理由から、住宅の入居から退去に至るまでオーナーとは一度も顔を合わせずに済むことも可能です。しかし、住宅のオーナーがどのような人なのかも確認しておきましょう。一室にオーナーが住んでいる集合住宅もあり、建物周辺環境を把握してもらえるなどのメリットが挙げられます。

北見の賃貸物件の相場は、1R・1Kでおよそ3万円で2LDKでおよそ6万円となっています。札幌市の家賃相場と比べ、1~2万円ほど低価格になっています。