店舗デザインでお店の未来は大きく変わる!?

店舗のレイアウトはお店の顔

同じ業種のお店でも、お店のデザインや売り場のレイアウトは実に様々です。そのお店ごとの特徴あるレイアウトがお店の顔となり、お客さんを引きつけます。お店のレイアウト一つで売り上げが大きく変わる、ということも決して珍しくはありません。

新しくお店を作る時、お店を改装する時、外観や売り場のレイアウトをどのようにデザインし、どのように工夫するかはとても重要なポイントとなります。

売り上げを伸ばす店舗デザインを考える

まず、自分がお客さんとしてそのお店に行くことを想像しましょう。その上で、外観のデザインはどうあるべきか、売り場レイアウトはどのようにするのがいいかを考えてみましょう。

例えば、外からお店の中が見えづらいと、どのようなお店なのか分からず不安を感じてしまいますよね。逆に、お店の中が見やすければ、お客さんの入り具合やお店の雰囲気が見やすくなり、お店に入ってみようと思いやすくなります。お店の前や近くを通る人の目線に合わせて看板を設置するなどの工夫もいいですね。

売り場のレイアウトでは、何がどこにあるか分かりやすい商品の配置やお客さんの動きやすい売り場作りを考えます。おすすめ品や安売りの品が一目でわかるようにしたり、レジまで上手にお客さんを誘導できる動線を計算したり、様々な工夫が考えられます。

大切なのはお客さんの目線で考えることです。自分がよくいくお店の外観や売り場をよく観察して、そのお店の工夫や狙いを考えてみるのもいいかもしれませんね。

店舗デザインは集客数やターゲット層をもとに決めていきます。入りたくなるリピートしたくなる店を目指しましょう。