駅から近いデザイナーズマンションには「選ばれる力」がある

高い需要が見込める立地とは?

賃貸用のマンションを購入し、それが人気の物件になるかどうかは、利用価値があるかどうかで決まります。具体的に見ていくと、まずは、交通の利便性です。マンションの立地場所が、最寄り駅まで徒歩10分以内であることはもちろんですが、急行や快速が停車する駅であることも理想です。また、複数の沿線が利用できるターミナル駅へのアクセスが良いほど利便性が高まり、居住者にとっては大きな魅力となります。この利便性の良さは通勤、買い物、旅行など、あらゆる目的でメリットとなるため、マンションの価値を決める要素として最も重要視されるポイントだといえます。さらに、自然災害の多発に伴い、重要度が増しているのが安全性です。低地のため集中豪雨で浸水のリスクがないかや、地盤が柔らかく地震で液状化現象が起きないかなどは、事前に必ずチェックしておきましょう。

快適な空間を実現しているマンション

では、同じタイプのマンションが競合しているエリアでは、何を決め手にすればよいのでしょうか。競合エリアで入居者から選ばれる力を持っているのが、デザイナーズマンションです。既存の概念通りにつくられているマンションと違い、デザイナーズマンションは高級素材を使った床や壁、キッチンに至るまで、「入居者がより快適に過ごす空間を実現する」というコンセプトが反映されたつくりになっています。このこだわりによって、入居者からの「快適な空間に住みたい」というニーズに応えることができているのです。

柏のマンションなら、駅周辺にリノベーションされたマンションがあります。料金や交通の便など希望するマンションが見つかるはずです。